2017年05月22日

憲法25条を守る5/18共同集会に参加してきました


5月18日、医療生協の方に誘われて、生存権を守ろう!と東京の日比谷野外音楽堂で行われた全国集会に行って来ました。
東京なんて久しぶり、といった物見遊山的な気持ちもありましたが、全国から3500人もの熱い思いをもった人が集まって来られていて、ちょっと反省でした。

1495436240223.jpg 

 憲法25条といえば「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という中学校で教えられた条文をすぐに思い出しますが、それを保障・実質化するための国の責任についても書かれていることを忘れがちです。
 近年、子どもの貧困が叫ばれていますが、一人親家庭の2人に1人は相対的貧困だそうです。食事も満足にとれない子どもがいることに、とても胸が痛みます。障害者も65才になると介護保険に変わるため、今までは不要だった医療費がかかります。発言者の中には受給している年金以上の医療費を支払っているという方もいらっしゃいました。保育士の方からは、やりがいのある仕事だけれど長時間労働で低賃金なのでもうくたくたです、との発言がありました。
 つつましく暮らしている一人親家庭、利息も含め多額の奨学金の返済に苦しむ非正規労働者の若者、目減りする一方の年金だけが頼りの高齢者等々。少数のとってもお金持ちな人は別ですが、圧倒的多数の国民は一生懸命に働き、切り詰めた節約生活をしています。「可能な限りの努力をしても人間らしく生きていけないので国に責任をもって下さい」とお願いすることは憲法25条に反するんでしょうか。生活保護を受けることに罪悪感を感じさせたり、なんでもかんでも自己責任をちらつかせる国のあり方に常日頃憤りを感じていた私です。参加者の方々の発言が身につまされました。
 税金は少しくらい高くても我慢します。「税金は、人が生まれてから死ぬまでに必要な保育・医療・介護を受けられる世の中にするために使って下さい」とお願いしたいです。

 集会では川田龍平・福島瑞穂・山本太郎・田村智子の各議員からの挨拶もありました。閉会の挨拶は菅原文太さんの奥様の文子さんでした。突然の大雨に見舞われた参加者の体のことを心配されていたのがとても素敵で印象的でした。
集会後デモ行進と国会請願がありましたが、あまりの雨に負け帰路に。でもせっかく東京に来たのだからと、急遽買った雨合羽を着たまま東京駅まで歩き、煉瓦の駅舎をバッチリ写真におさめてきました。

1495436087198.jpg 



事務局  塚本久美子
posted by 金山総合法律事務所 at 15:46| 憲法